ワイモバイルのかけ放題「かんたんスマホ」ってどう?評判や口コミもレビュー

ワイモバイルのかんたんスマホってどう?評判や口コミもレビューしてみた

昨今の国内情勢の影響で、

■ 遠方にいる息子や娘になかなか会えない
■ 孫たちにも会いたいけど、それも出来ない

と、ぼやいておられる中高年の方も多いのではないでしょうか。

そこで、今、話題になっているのがオンラインを使用したビデオ通話。スマートフォンLINEがあれば、「〇〇ちゃん、元気にしてる?」と、お孫さんの顔を見ながらお話が出来るようになっています。でも、残念ながら、今ご使用中のガラケーでは声が聞けるくらい。お孫さんの顔や成長具合を目で確かめることは出来ません。

息子さんや娘さんからは、「スマホに変更しなよ!」と促されるものの、

「使い方が難しそう…」
「使い方を間違えて、詐欺にあったり変な勧誘の電話がかかってきたら大変!」

と、躊躇されている方も多いのではないでしょうか?お子さんと同居されていれば簡単に相談できますが、離れて暮らしているとそうもいきません。

ここではそんな中高年層の方におすすめしたい、ワイモバイルの「かんたんスマホ」をご紹介しています。

簡単に言ってしまえば、

  • 見やすくて操作も簡単。カメラはもちろん、LINEグーグルマップも使える。
  • 操作で困ったらボタンをタップ!オンラインで専任オペレーターによる無料アドバイスも受けられます。
  • 迷惑電話対策にもしっかり対応。
  • 月額1,000円をプラスするだけで国内通話がかけ放題。60歳以上であれば、その国内通話料がずーっと無料でかけ放題!

という、使い方が簡単で大変お得なスマートフォンです。

ただ、良いことばかりではありません。当然、注意が必要なところもあります。

ここでは、そんなかんたんスマホを、実際の評判や口コミも交えてご紹介しています。

ご検討の際の参考にしていただければ幸いです。

かんたんスマホ2がデビュー

2020年8月6日、新しいかんたんスマホがデビューしました。第二世代の「かんたんスマホ2」です。

主な特徴としては、一般的なiPhoneやAndroidのスマホと比較すると、

  • 見やすく操作も簡単
  • 操作に困ったらオペレーターが助けてくれる
  • 詐欺や迷惑電話対策機能搭載
  • LINEやグーグルマップなどが使えるので大変便利

が挙げられ、「これから初めてスマホを使うけど、大丈夫かしら?」という、スマホの使用をためらってこられたシニア層の方にも、簡単で優しいスマホに仕上がっています。

もう少し詳しく説明すると、

  • 従来の「かんたんスマホ」と比較して外形が少し縦長になり、画面サイズが5.6インチと少し大型化
  • 本体下部に「電話」「メール」「ホーム」という3つの専用キーを配置。切り替え操作がワンタッチに!
  • 押すだけサポート」がとっても便利。操作で困ったらワンプッシュで内容を診断して解決してくれる機能を搭載。解決しない時は、無料で電話で専任オペレーターに直接相談もできる。
  • 迷惑電話対策機能を搭載。不審な電話番号を自動で判別し、発着信時に警告表示・自動ブロックを行う。また、通話内容を自動録音し、録音している旨の音声ガイダンスを自動で流す

と、シニア層の方に是非おすすめしたいスマホです。

 

11/07より、「かんたんスマホ2」が更に値下げされました。

定価:41,760円 -> 31,680円(税込)

新規/他社からの乗り換えでご契約の場合(ソフトバンクからの乗り換えを除く)、定価から15,840円割引!
値引き後の価格は、15,840円(税込)となります!

 

>> かんたんスマホ2の公式サイトへ

 

 

かんたんスマホって何が良いの?

(画像は、ワイモバイル公式サイトより引用)

 

ここでは、かんたんスマホの具体的な機能についてご紹介していますが、まず、かんたんスマホのここが良い!をまとめておくと、

  1. 文字が見やすい。操作も簡単!
  2. 押すだけサポートが、「困った!」をサポート。
  3. 月額料金が安い!国内通話がかけ放題。
  4. しかも60歳以上の方であれば、通話料がずーっと無料。
  5. 迷惑でんわ対策もバッチリ!
  6. LINEが使える、Google MAPが使える。

となります。

では、一つずつみていきましょう。

1. 文字が見やすい。操作も簡単!

かんたんスマホの表示画面ですが、アイコンや文字が大きく見やすくなっています。入力ボタンも大きめ!

 

2. 押すだけサポートが「困った」をサポート

ネットに繋がらないなど困った時、画面中央の「サポート」ボタンをタップしましょう。まず、自己診断機能が動作。解決のためのヒントを表示してくれます。
もし解決しなければ、専任のオペレーターへ繋がり、無料でサポートしてもらえます。

3. 月額料金が安い!国内通話がかけ放題

ワイモバイルの強みは、月額料金が安いことに加え、国内通話かけ放題というサービスを提供していること。しかも、ドコモやau、ソフトバンクより安い月額1,000円の追加で済んでしまいます(大手携帯キャリアは、1,500円1,700円です)。

シニアの方のスマホの使い方の中心は、やはり通話です。息子さんや娘さんとのコミュニケーション、お友達やご近所の方との会話や連絡等にも通話が欠かせません。

そんな時に気になるのが通話料金ですが、ワイモバイルなら、かけ放題の料金(月額1,000円)を合わせても月額3,718円(税込)からご利用いただけます。

4. しかも60歳以上の方であれば、通話料無料

何と、60歳以上の方であれば、上記の月額料金1,000円ずーっと無料となります。

つまり、月額2,618円(税込)から「国内通話がかけ放題」を利用できる!スマホなのに、今までのケータイとほとんど変わらない料金で利用できるのです。

特に年金生活を送られている方には、少しでも出費を抑えたいところ。スマホでありながら今までのケータイと同じ様に、電話料金を気にせずこれだけの料金で済んでしまうのがワイモバイルの魅力です!

5. 迷惑でんわ対策もバッチリ

シニア層の悩みのタネの一つが、振り込め詐欺、悪質なセールスなど社会問題になっている迷惑電話です。

例えば、かんたんスマホに不審な電話番号から着信があった場合、自動で判別し、画面に「迷惑電話の可能性があります」と表示してくれます。
迷惑電話かどうかの判断は、着信する度に外部のデータベース会社が持つ3万件近い電話番号データベースにアクセスして照合しています。

それでも誤って電話に出てしまった場合は、通話が始まる前に発信者と着信者双方に「この通話は録音します」と音声ガイダンスが流れるようになっています。

6. LINEが使える、グーグルマップが使える

かんたんスマホは、スマートフォンなのでLINEが使えます。お子さんやお孫さんたちとのコミュニケーションに欠かせないこのLINEに、やっと参加できますよ!

しかもLINEには、音声通話以外にビデオ通話機能もあるので、お孫さんの姿が目で確認できます。日々成長していく姿が遠くにいても確認できるので楽しみですね。是非、活用して下さい。

今まで、パソコンのSkype等を使ってビデオ通話を行っておられたかもしれません。でも殆どの場合、予め時間を決めて開始時間を共有しておく必要があります。スマホみたいに、パソコンを常時電源ONにしておく方は。殆どいないのではないでしょうか。

また、電源をONにしてパソコンが立ち上がるまでには時間を要します。通話が終わったら、パソコンの電源をオフ。面倒ですね。

スマホのLINEなら、電話の着信のようにいつでも簡単にビデオ通話に参加できます。

 

LINE以外に、グーグルマップも使えます。お出かけの際に欠かせないのが地図情報。グーグルマップがあれば、外出先で迷ってもすぐに居場所や目的地を確認できます。

このように、ワイモバイルのかんたんスマホがあれば、スマホならではのアプリケーションが活用できるようになるので、本当に便利でありがたいですョ!

 

 

かんたんスマホはこんな方におすすめ

繰り返しになるところもありますが、ワイモバイルかんたんスマホは、次のような方におすすめです。

  • シニア層の方。特に60歳以上の方にはおすすめです(国内通話がずーっと無料!
  • 今までガラケーを使っていて、スマホへの乗り換えをご検討中の方
  • 通話がメインでスマホのご利用を検討中の方
  • スマホが使いこなせるか心配な方。かんたんスマホはその名の通り、スマホが簡単に操作できます。

 

 

かんたんスマホの評判・口コミ

まず、気になるのが、実際に使ってみた方やお子様、お孫さんからの評判や口コミです。TwitterというSNSから評判や口コミを集めてみました。

まず、「あまり良くなかった評判・口コミ」です。というよりも、注意して頂きたい点ということからみていきます。

あまり良くなかったという口コミ

実は、お子さんやお孫さんには不慣れなスマホ!

(Twitterより引用。実際のツイートは、こちら

かんたんスマホの設定や使い方がわからなくなったら、「子供や孫に聞けばいい」というのは、ちょっと迷惑がられるかもしれません。

若い方が精通しているのは、iPhoneやAndroidというスマホ。残念ながらこの「かんたんスマホ」の設定や使い方は、一般的なスマホとはちょっと違います。だから、お子さんやお孫さんたちは初めて見るスマホになるので、戸惑ってしまうのは当たり前。

幸い、このかんたんスマホには「サポート」というアイコンが画面中央にあります。それを利用しましょう。専任のオペレータが対応してくれます。

(Twitterより引用。実際のツイートは、こちら

 

ご契約の際に気をつけること

(Twitterより引用。実際のツイートは、こちら

ショップに行って、言われるがままに契約してしまうと、後で後悔してしまうことも…

一旦見積もりを取るだけにして、息子さんや娘さんに相談してみましょう。

毎月の月額料金は、以下の条件で変わります。

  • 機種代金割引が適用される場合、その割引額はキャンペーン等で変動する。
  • 機種代金のお支払い方法(一括/24回/36回)でも変わる。
  • 料金プラン「S」「M」「R」で変わる。
  • オプション(データ増量オプションや故障安心パックなど)や割引(家族割や下取り)で変わる。
  • 年齢60歳以上で「スーパー誰とでも定額」は無料。年齢60歳未満だと有料。

月額料金を出来るだけ抑えるには、

  • まず、料金プランは一番安いベーシックプラン「S」で契約しておいて、数ヶ月様子をみる。データ容量が足りないようであれば、その後「M」へ変更する。
  • オプションの「故障安心プラスパック」と「enjoyパック」は、お客様の事情によります。必要と思った時のみ購入を検討すれば良いのでは!?
  • ご夫婦で加入される場合は、「家族割引」を利用しましょう。お二人目の月額料金が550円割引されます。

ワイモバイルかんたんスマホ月額料金は、機種代金を含めても、

  • かんたんスマホ2,618円(税込)から
  • かんたんスマホ22,618円(税込)から

と、お財布に非常に優しい料金になっています。

詳細は、こちらをご覧ください。

 

その他注意しておきたいこと

■ 充電器は別売りです

(Twitterより引用。実際のツイートは、こちら

かんたんスマホかんたんスマホ2とも、TypeC型の充電器は別売りになっています。ご注文の際に同時に購入されるか、電器屋さん等でも購入できます。

 

■ オンライン経由で申し込む時は、クレジットカードが必須です!

ワイモバイルの公式サイトからかんたんスマホをご購入される場合、支払い方法はクレジットカードのみとなっています。

クレジットカードをお持ちでない方は、お近くのY!mobileショップにてご購入下さい。口座振替が出来ます。

 

■ 最初は、キー操作が難しいかも

(Twitterより引用。実際のツイートは、こちら

こればかりは、使い方に慣れていただくしかありません。

こちらにも注意事項を掲載していますので、併せてご覧ください。

 

良かったという口コミ

(Twitterより引用。実際のツイートは、こちら

お母様へのプレゼント。単なるプレゼントというだけでなく「操作を覚えてね!」という願い。言葉はちょっときついですが、出来るだけ頭を使っていつまでも元気でいて欲しいというお子様からの願いなんですね。

 

(Twitterより引用。実際のツイートは、こちら

 

(Twitterより引用。実際のツイートは、こちら

 

 

「かんたんスマホ」ってどんなスマホ?(機種の特徴)

初代「かんたんスマホ」が発売されたのが、2018年の夏。

以来、想定以上に売れたモデルのようで、特に、他社でケータイ(いわゆるガラケー)を使用していた方から乗り換えられる方が多く、初めてのスマホとして購入されるケースが多いようです。

やはり、ここまで人気を博してきた理由の一つが、「60歳以上、国内通話がずーっと無料」というキャンペーンにあるようですね。加えて、

  • 料金体系が分かりやすい、
  • 機能的な面でシニア層に支持される必要十分なスペックになっている、

ということもあるようです。

かんたんスマホ2とかんたんスマホを比較

2020年8月に新しい「かんたんスマホ2」の販売がスタートしたので、両者を比較してみました。

項目ワイモバイル
かんたんスマホ2
ワイモバイル
かんたんスマホ
写真
サイズ幅71 x 高159 x 奥8.9 mm幅71 x 高147 x 奥9.2 mm
重量約151g約142g
画面サイズ5.6インチ約5.0インチ
カメラ画素数メインカメラ:
1,300万画素
サブカメラ:
500万画素
1,300万画素
バッテリ容量3,300mAh2,600mAh
OSAndroid 10Android 8.1
テレビワンセグありワンセグあり
ラジオFM放送受信可
radikoも使える
なし
防水/防塵IPX5・IPX8 / IP6XIPX5・IPX7 / IP5X
押すだけ
サポート
ボタンワンプッシュで
自己解決。さらに
サポーセンターへ相談
することも可。
ボタンワンプッシュで
自己解決。さらに
サポーセンターへ相談
することも可。
迷惑電話
対策機能
ソフトウェアの更新
が必要
予め組み込まれている
通常価格(税込)
31,680円31,680円

月額料金(注1)

2,618円から2,618円から

注1) 月額料金の詳細は、以下で詳しく説明していますのでそちらをご覧ください。

 

両者の大きな違いは、かんたんスマホ2では、

  • スマホのサイズが少し縦長になり、画面が大きく見やすくなった。
  • ラジオの機能が付いた。災害時にはかんたんスマホ2がラジオ代わりに!
  • LINE迷惑電話対策機能があらかじめ組み込まれているので、インストールの手間が省ける

といった機能が強化されています。

 

 

ワイモバイル(Y!mobile)の料金プランは?

以上、かんたんスマホの機種についてみてきましたが、データ通信や通話で発生するワイモバイルの料金プランについてみていきます。

料金体系について

ワイモバイルの料金プランは、下表のベーシックプラン「S」「M」「R」のみで、とてもシンプル。しかも、10分以内の国内通話であれば、最初から無料でかけ放題となっています。

■ ベーシックプラン

スマホ
ベーシック
プラン
プラン
S
プラン
M
プラン
R
データ容量/月3GB10GB14GB
通話料10分以内の国内通話は無料
基本使用料
(月額、税抜)
2,680円3,680円4,680円
新規割▲700円
月額
料金
(税抜)
~7ヶ月1,980円2,980円3,980円
8ヶ月目
以降
2,680円3,680円4,680円

データ容量がもう少し欲しいという場合、下表のデータ増量オプションがご利用いただけます。

お申し込み時には、「データ増量」というオプションを付け加えることが出来、12ヶ月間無料になります。

 

■ データ増量オプション

スマホ
ベーシック
プラン
SMR
追加前の
データ量
3GB10GB14GB
月額料金(税抜)データ容量追加:500円
追加後の
データ量
4GB
13GB
17GB

しかも、新規のご契約なら、上記の月額料が1年間無料です。

 

■ 国内通話かけ放題通話料

ワイモバイルの特徴の一つに「スーパー誰とでも定額」と呼ぶ、国内通話がかけ放題になるオプションがあります。

スーパー誰とでも定額(月額、税抜)1,000円

しかも、かんたんスマホをお申し込みの方が60歳以上であれば、この通話料がずーっと無料!と、とってもお得です。

 

ワイモバイルの料金プランの特徴は?

格安SIMの会社は、ワイモバイル以外にもたくさんあります。
その中には、同じようなデータ容量で比較すると、ワイモバイルより安い格安SIMの会社はたくさんあります。データ容量だけで比較してみると、残念ながら「ワイモバイルは安い!」とは言えません。

しかし、「国内通話がかけ放題」というサービスを提供出来ているのは、このワイモバイル(Y!mobile)とUQモバイルだけ。しかも、60歳以上の方で「国内通話かけ放題」がずーっと無料になるサービスは、ワイモバイルだけです。

このかんたんスマホを利用される方は、ほとんどが中高年層の方です。

  • 遠方にいる息子さんや娘さんとの連絡は、通話が中心
  • ご近所の方、お友達との連絡は、ほとんどが通話でやりとり
  • 通話料金が無料となるのは、年金生活を迎えた方にとってはとてもありがたい!

という方に最適なかんたんスマホは、以下のように月額2,618円(税込)から始められるので、とってもありがたいスマホです!

月額料金が最安となる条件で算出してみました。

かんたんスマホの見積もりの前提条件
機種:かんたんスマホ(705KC/京セラ)
年齢:60歳以上
契約方法:乗り換え(電話番号持ち込み)
現在のご契約:NTTドコモもしくはau(ソフトバンクではない)
機種代金お支払い方法:36回払い
料金プラン:ベーシックプラン「S」(月額データ容量:3GB、データ増量は付けていません)

(表示は税込です)

項目料金
機種通常定価31,680円
割引(注1)▲15,840円
機種代金15,840円
賦払金 ①440円
料金プラン(「S」)の月額(注2)2,948円
オプション:スーパーだれとでも定額(注3)0円
新規割(注4)(④)▲770円
月々のお支払額(①+②+③+④)2,618円
登録手数料0円

 

かんたんスマホ2見積もりの前提条件
機種:かんたんスマホ2(A001KC/京セラ)
年齢:60歳以上
契約方法:乗り換え(電話番号持ち込み)
現在のご契約:NTTドコモもしくはau(ソフトバンクではない)
機種代金お支払い方法:36回払い
料金プラン:ベーシックプラン「S」(月額データ容量:3GB。データ増量は付けていません)

(表示は税込です)

項目料金
機種通常定価31,680円
割引(注1)▲15,840円
機種代金15,840円
賦払金 ①440円
料金プラン(「S」)の月額(注2)2,948円
オプション:スーパーだれとでも定額 (注3)0円
新規割(注4)▲770円
月々のお支払額(①+②+③+④)2,618円
登録手数料0円

注1)2020年9月頭現在の割引額です。キャンペーン等で変動する場合があります。
注2)料金プラン「S」は、月間のデータ使用量が3GBのプランです。
注3)60歳以上の場合、通常1,100円/月がずーっと0円になります。
注4)「新規割」は、ご契約翌月から最大6ヵ月間、毎月770円割引されます。7ヶ月目以降はその分値上がりします。

 

以上のように、ワイモバイルかんたんスマホ月額料金は、機種代金を含めても、

  • かんたんスマホ2,618円(税込)から
  • かんたんスマホ22,618円(税込)から

と、お財布に非常に優しい料金になっています。

 

>> ワイモバイルの公式サイトへ

 

 

ご契約時の注意事項

ご契約時に注意して頂きたい点をまとめてみました。

ワイモバイルのサービスエリア内か?

お住まいの地域は、ワイモバイルのサービスエリア内ですか?電波はちゃんと届いているでしょうか?
実は、一番大切なことが、これです。サービスエリア外だったら使えません。

かんたんスマホのサービスエリアは、こちら

かんたんスマホ2のサービスエリアは、こちら

で、まずご確認下さい。

 

電話番号引き継ぎ(MNP)の場合

他の携帯会社(NTTドコモ、au、ソフトバンク)からワイモバイルかんたんスマホにお乗り換えで、電話番号をそのまま引き継がれる場合(MNP:Mobile Number Portability)、現在ご利用中の携帯会社から「MNP予約番号」を取得していただく必要があります。

手続きの流れは以下のようになります。

  1. 現在ご利用中の携帯会社に電話(注)して、MNP予約番号の発行を依頼する。
  2. ワイモバイルかんたんスマホお申し込み時に、このMNP予約番号が必要になります。
  3. かんたんスマホが届いたら、同封書類に記載されている番号へ電話。ガイダンスに従って切り替えの手続きを行う。
  4. 約15分経過後、かんたんスマホで従来の電話番号が使えるようになります。

(注)各キャリアのMNP転出手続き手順の詳細は、以下をご覧ください。
ドコモの場合:
携帯電話・PHS番号ポータビリティ(MNP)を利用した解約お手続き方法

auの場合:
au MNPお手続き

 

お申込み・ご契約は、オンラインもしくはY!mobile ショップ(店舗)

お申し込みは、インターネット経由の公式サイト以外にY!mobileショップでも可能です。

お近くにY!mobile ショップがある方は、そちらをおすすめします(最近は、事前予約が必要なようです)。必要な書類を揃えて持っていって契約も完了、機器の受け取りまで出来てしまえば、同時にそこで初期設定までやってもらうこともできるようです。

でも、注意して頂きたいのが契約内容です。不要なオプションを付加されたり、プラン「S」で良いのにちょっと高めの「M」「R」をすすめられていませんか?

その場で直ぐに契約をせず、一旦持ち帰って息子さんや娘さんに相談してみましょう。

 

一方のオンラインは、自宅に居ながらご自身のペースで申し込みや契約ができます。ただ、お近くに相談できるお子さんやお孫さんが居れば別ですが、一人で申し込むとなるとちょっと不安かもしれません。

  • 機器は、かんたんスマホもしくはかんたんスマホ2
  • 機器割引が適用されるのは、現在の携帯会社がドコモ、au、楽天の場合。ソフトバンクの方は、機器の割引が適用されません。
  • 機種代金のお支払い方法は?(一括/24回/36回から選ぶ)
  • 料金プラン「S」「M」「R」で月額料金が変わる(最初は最安の「S」で始めて、必要に応じて「M」や「R」にアップグレードするという方法もあります)。
  • オプション(データ増量オプションや故障安心パックなど)の選択は慎重に!
  • ご夫婦共にワイモバイルで契約すれば、二人目から家族割りが受けられます(月額500円引き)
  • 年齢60歳以上であれば、「国内通話かけ放題」が無料!

をご確認下さい。

 

オンラインの場合は、クレジットカードが必要

Y!mobileショップ(店舗)でのお申し込みの場合、支払い方法は「クレジットカード」及び「口座振替(口座引き落とし)」が可能です。

公式サイトのオンライン経由でお申し込み・契約される場合の支払い方法は、クレジットカードのみとなります。

ご注意下さい。

 

充電器は別売りです

オンラインショップで申込み・契約される場合、充電器はオプション扱いになっています。ご注意下さい。

ただ、万が一、充電器の購入を忘れたとしても慌てることはありません。お近くの電器屋さんでも購入できます。

ただ、充電器をかんたんスマホに差し込む口の形状は「タイプC」です。誤ってiPhone用を購入すると形状が異なり挿入できません。

タイプCの充電器」をお求め下さい。

 

 

UQモバイルとの比較

格安SIMの会社でワイモバイルの「かんたんスマホ」によく似たスマホが、UQモバイルの「おてがるスマホ」です。

(画像はUQモバイルより引用)

機能的な面を比較

見た目はかんたんスマホによく似ていますが、まず、機能的な面を比較してみました。

項目ワイモバイル
かんたんスマホ2
UQモバイル
おてがるスマホ
写真
重量約151g約151g
画面サイズ約5.6インチ約5.6インチ
カメラ画素数メインカメラ:
1,300万画素
サブカメラ:
500万画素
メインカメラ:
1,300万画素
サブカメラ:
500万画素
バッテリ容量3,300mAh3,300mAh
OSAndroid 10Android 10
テレビワンセグありなし
ラジオFM放送受信可
radikoも使える
なし
防水/防塵IPX5・IPX8 / IP6XIPX5・IPX8 / IP6X
押すだけ
サポート
ボタンワンプッシュで
サポートセンターへ
繋がる
簡単操作ガイドだけ
迷惑電話
対策機能
ありなし

機能的には、ワイモバイルのかんたんスマホが優れていると言えます。

何と言っても、「押すだけサポート」(京セラとソフトバンクで特許取得済)と「迷惑電話対策機能」(ソフトバンクで特許取得済)は、シニアの方には欠かせない機能です。

料金を比較

次に、料金を比較してみます。

UQモバイル「おてがるスマホ」の料金

UQモバイル「おてがるスマホ」見積もりの前提条件
機種:おてがるスマホ(BASIO4/京セラ)
年齢:60歳以上
契約方法:乗り換え(電話番号持ち込み)
現在のご契約:NTTドコモもしくはソフトバンク
機種代金お支払い方法:36回払い
料金プラン:スマホプラン「S」(月額データ容量:3GB、データ増量は付けていません)

(表示は税込です)

項目料金
機種通常定価不明
割引不明
機種代金15,840円
賦払金(①)440円
料金プラン(「S」)(注1)(②)2,178円
オプション:かけ放題(24時間いつでも)(③)1,870円
シニア割(注2)(④)▲1,870円
月々のお支払額(①+②+③+④)2,618円
登録手数料3,300円

注1)料金プラン「S」は、月間のデータ使用量が3GBのプランです。
注2)「シニア割」は、ご契約翌月から最大6ヵ月間、オプション料金の1,870円が無料となります。7ヶ月目以降は、770円/月となります。

ワイモバイルの場合、ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えでは、端末の割引が適用されません。
一方、UQモバイルの場合、auからUQモバイルへ乗り換えでも、上記料金と同じになります。

ワイモバイルとUQモバイルを比較

上記の月額料金をもとに、それぞれの2年間トータルの料金がどれくらいになるか算出してみました。

(表示は税込)

項目ワイモバイル
かんたんスマホ2
UQモバイル
おてがるスマホ
登録事務手数料0円3,300円
運用開始~6ヶ月目
月額料金
2,618円2,618円
7ヶ月目以降の
月額料金
3,388円3,388円
2年間トータル76,692円79,992円

 

UQモバイル「おてがるスマホ」との比較のまとめ

■ 優れている点:

機能的には、ワイモバイルの「かんたんスマホ(スマホ2も含む)」がすぐれています。

特に、

  • 押すだけサポート(サポートのボタンをプッシュすると、サポートセンターへ繋げられる。操作上の不明な点はオンラインで無料サポートしてもらえる)。
  • 迷惑電話対策機能(例えば、かんたんスマホに不審な電話番号から着信があった場合、自動で判別し、画面に「迷惑電話の可能性があります」と表示してくれる)

は、シニアの方には欠かせない機能です。

他にも、テレビやラジオ機能(スマホ2)がついているので、災害時等にはリアルタイムで情報を得ることができます。

 

■ 劣っている点

料金(機器代金と回線の使用料)に関しては、ワイモバイルのかんたんスマホ2のほうが高くなってしまいます。

機器代金に関しては、かんたんスマホ2の方が高額ですが高機能なので何とも言えません。回線の使用料(月額料金)に関しても、ワイモバイルのかんたんスマホ2のほうが高くなっています。

2年間のトータル料金で比較してみると、6,060円高くなっています。

2020年11月7日、かんたんスマホ2の価格が値下げされ、両者の機種代金含めた月額料金の差は無くなりました。

 

ドコモらくらくスマホとの比較

ワイモバイルかんたんスマホと同じ様に、画面や文字が大きく操作も簡単なスマホが、NTTドコモより「らくらくスマホ」という名称で販売されていたので、機能と料金を調べてみました。

(画像は、NTTドコモより引用

 

機能的な面を比較

まず、機能的な面を比較してみました。

項目ワイモバイル
かんたんスマホ2
NTTドコモ
らくらくスマホ
写真
重量約151g約143g
画面サイズ約5.6インチ約4.7インチ
カメラ画素数メインカメラ:
1,300万画素
サブカメラ:
500万画素
メインカメラ:
1,310万画素
サブカメラ:
500万画素
バッテリ容量3,300mAh2,110mAh
OSAndroid 10Android 8.1
おサイフ
ケータイ
なしあり
テレビワンセグありワンセグあり
ラジオFM放送受信可
radikoも使える
なし
防水/防塵IPX5・IPX8 / IP6XIPX5・IPX8 / IP6X
安心サポート「押すだけサポート」
ボタンワンプッシュで
サポーセンターへ繋がる
かんたん操作ガイド
同梱。
操作に困った時は、
「らくらくホンセンター」
に繋がる
迷惑電話
対策機能
ありなし

 

料金を比較

ドコモ「らくらくスマホ」の端末代金と回線使用料(月額料金)がどれくらいになるかも算出してみました。

NTTドコモ「らくらくスマホ」見積もりの前提条件
機種:ドコモらくらくフォンme | F-01L(BASIO4/京セラ)
年齢:60歳以上
契約方法:乗り換え(電話番号持ち込み)
現在のご契約:NTTドコモ、auもしくはソフトバンクでケータイを使用
機種代金お支払い方法:36回払い
料金プラン:ギガライト ~3GBまで

(表示は税込です)

項目料金
機種通常定価41,184円
割引▲16,500円
機種代金24,684円
賦払金 ①685円
料金プラン(ギガライト ~3GBまで)②4,565円
(定期縛りなし)
オプション:かけ放題(24時間いつでも)③1,870円
はじめてスマホ割 (注1)④▲1,100円
dカードお支払い割 ⑤▲187円
月々のお支払額(①+②+③+④+⑤)5,833円
登録手数料3,300円

注1)はじめてスマホ割の適用は最初の12ヶ月のみです。

月々のお支払い額(税込)
1 ~12ヶ月:5,833円
13 ~ 36ヶ月:6,933円
37ヶ月以降:6,248円

ワイモバイルの場合、

  • かんたんスマホ2,618円(税込)から
  • かんたんスマホ22,618円(税込)から

だったので、かんたんスマホの方がかなりお得です!

 

 

まとめ

以上、ワイモバイルかんたんスマホ(かんたんスマホ2を含む)について、その特徴から評判や口コミ、機能や料金プラン、他社競合商品との比較について詳細にご紹介してきました。

かんたんスマホは、

  • 「かんたんスマホ」というくらい見やすくて操作も簡単
  • 使い方に困ったら、簡単操作でサポートセンターに繋がる
  • 迷惑電話対策機能も充実
  • 60歳以上ならずーっと国内通話が0円
  • ラインが使える。グーグルマップも使える
  • 月額料金も安い

など、今まで携帯キャリア(ドコモやauなど)でケータイをお使いになっていて、これから初めてスマホを使ってみようという中高年の方にはビッタリのスマートフォンです。

これで、遠方にいる息子さんや娘さんと電話代を気にせず通話ができます。かんたんスマホのLINEを使えば、お孫さんの顔もご覧いただけます。

是非、かんたんスマホをご検討下さい!

 

>> かんたんスマホの公式サイトへ

 

>> かんたんスマホ2の公式サイトへ